未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行のクレジットカード




海外旅行でのメリット情報、特にクレジットカード情報をあつめた姉妹サイトがあります。

レンタカーの旅にはクレジットカードは欠かせませんが、ご参考にしてください。



海外旅行のクレジットカード

スポンサーサイト
<イタリアホテルの割引予約について。



ローマ、ナポリ、フィレンツエなどイタリアの大都市からシチリア島まで、ホテル予約に最高の手段は次のサイトに限ります、といってもいいと思います。

1)ホテルクラブ
2)ブッキングドットコム
3)ベーネレ

ホテルクラブは世界全域に素晴らしいネットワークと割引率の高さで高級ホテルもエコノミーも総じて安心して予約できます。素晴らしいです。私もなんども使っていますが、まず問題はありません。

ブッキングドットコムはどちらかというと、マイナーで小さなB&Bなど「こんなホテルまで紹介してるの?」というレベルまでしっかりヨーロッパのホテルをネットワークしていますので、高級ホテルに限らず使い勝手はいいです。

最後に、ベーネレですが、これはイタリア発の割引予約サイトですので、イタリアにはとにかく強いです。これで利用するなら、まずはイタリアの隅々までホテルを検索でき、それなりに安い料金で予約可能です。ただ、万一のキャンセルなどは日本語ではできないようですので、そこは覚悟の上。心配な方は、上記2つのどちらかがいいでしょう。しかし、このベーネレはイタリアやその周辺国では凄いネットワークですので、覚えておくにはいいはずです。




サンフランシスコで高級ホテルを探すなら、まず予約するサイトはホテルクラブかオクトパストラベルになる可能性が高いです。それ以外ですとアゴダも提携ホテルはあります。

高級ホテルとしては次の青いホテルが考えられます。


ホテルミラノサンフランシスコ
サー・フランシス・ドレイク
キングジョージホテル
ベレスフォードホテル
ホテルトリトン
アージェントホテルサンフランシスコ
シェラトンフィッシャーマンズワーフ
ホリデイインフィッシャーマンズワーフ
ウェスティン・セントフランシスホテル
ニッコーホテル・サンフランシスコ
フェアモントホテル・サンフランシスコ
Wホテルサンフランシスコ

モッサーホテル・サンフランシスコ
ハンドラリーホテル・サンフランシスコ
ホテルアダージョ・サンフランシスコ
サボイホテル・サンフランシスコ
コモドアーホテル・サンフランシスコ
マークホプキンス・インターコンチネンタル
パレスホテル



これらのホテルの割引情報はこちらのサイトから検索できます。


青い外のホテルも個性あるとてもいいホテルではありますので、それぞの旅で使い分けるといいと思います。それらの情報も上記の割引サイトからどうぞ。


<イギリス・ロンドンのホテル>
B&Bから大型ホテルまでを網羅する割引システムは利用価値大

イギリス・ロンドンとその他の街のホテル

UK, England London Hotels


イギリス、それもロンドンとなりますとホテル大国、ホテルの街そのものです。街にはホテルがあふれかえるように乱立し、昔からの歴史ある名ホテルもあれば、近代的なホテル、さらには個人経営のB&Bまで、ロンドンはホテルの博物館のようなものです。

 私も何度もロンドンは旅しましたが、それであっても予約は結構いつも満杯で、しばしば滑り込み状態でやっとホテル予約ができることも珍しくありません。ロンドンは特にそうですが、イギリス旅行でのホテル予約は大切です。また、このような状況ですからホテル予約はできるだけ早めに、そしていいホテルをしっかり選ぶことが何よりいい滞在をする決め手でもあると思います。

 また、その際に今使えるオンライン割引予約は是非使うべきとも思います。私自身、散々利用しましたがまず安全でその上安い、そしてホテル情報が多い予約サイトは、ホテルクラブHotelClub(イギリス内ホテル検索ロンドンホテル検索)、それにブッキングドットコムBooking.comです。イギリスを含むすべてのヨーロッパの旅ではこの2社を超えるものを私はまだ知りませんし、実際に使ったこともありません。逆に言えば、この2社で探して予約していくなら、安くていいホテルが多くの情報を元に選ぶことができた、ということです。もちろん、何かしら探せば、他の手段もあると思います。これはひとつの選択でしかないですが、私自身の満足度は高かったです。経済的なホテルもここで見れますが、もちろん高級ホテルもしっかりリストアップされています。一度試してみても損はないと私は思います。

 上記、ホテルクラブとブッキングドットコムのサイトに行って、各ホテルを都市別に検索してみてください。数多くのホテルがどっと出てきます。その中で料金や写真で選ぶのもひとつですが、おなじく、そのサイトには利用者の声も掲載されていますので、予約前の判断には大いに役立ちます。
 
 とにかくロンドンはホテル天国でもあり、時にそれも数が不足して逆に地獄も見ます。冷や汗かいてやっと予約して、それも料金は高い、という最悪の状態を避けるなら、これらは利用価値は大きいです。

 ロンドンはエリアでも価格も異なりますが、形態にも注意しましょう。B&Bは個人経営の旅の民宿。大型ホテルは特に注意したいです。なぜならサービスが悪いなどのクレームが増えてきます。もちろん一流ホテルはさほど心配要りませんが、中級以下であって大型で料金も安め、というときは大型のホテルよりも多少小ぢんまりしたホテルの方が何かの際のケアーはよほどいいかもしれません。まあ、相手によりけりではありますが、一般論です。

 ロンドン旅行の快適さは、私にとってはホテルが命でした。おそらくそれは今後ロンドン、イギリス旅行をするなら私は変わりません。やはりうまく予約していい旅をしたいものです。今回はあくまで旅の一般論ですが、何かしら役立つことを期待します。
<パリ、フランスのホテル概論>
ブティックホテルも大型のメジャーホテルも破格で予約


パリ、フランスのホテル予約

Paris, France hotels


ヨーロッパ旅行でほとんどの人が一度は行く街にはおそらくパリも含まれるでしょう。フランスはやはり旅行者の人気としては常に上位にあります。そして、パリ、フランスもまた他のヨーロッパの国々や個性的な街と同じように歴史があり、ホテルもそれぞれユニークなものばかりです。

 もし、パリ、フランスの旅を考える場合のホテル選択をお薦めするなら迷わず、ホテルクラブHotelClubブッキングドットコムBooking.comの割引を選びます。なぜなら、この2社は本当にヨーロッパのホテルには強く、数多くの提携を持ち、また割引率も他のサービスに比べてもかなり安いです。
 私がヨーロッパ、もちろんフランスやパリを旅するときに利用するオンライン予約はこの2社しかありません。それでも十分、というかそれが私としてはベストで、ほとんどハズレもなく満足したホテル選択と予約が出来ます。

 この2社のいいところは、まずホテルの写真や情報は当然として、利用者の口コミ情報が特にヨーロッパのホテルは多いことです。つまり、実際に使った人の情報を元にホテルの選択もできますし、それだけ多くの人に使われているサービスですのでまずオンライン予約つきものの不安もなく安全であることもわかります。

 パリ、フランスは特に様々な個性を持つホテルが多く、地元の情報に強いサービスでないといい提携や割引は出てこないようです。実際に、ブッキングドットコムなどは逆にアメリカなどはほとんど提携がなく、あのハワイにすら、ブッキングドットコムでは提携割引ホテルが1軒もありません。驚きです。しかし、ヨーロッパに関してはブッキングドットコムとホテルクラブは特に強みを発揮します。それぞれの強さがあるわけです。

 もし、フランスでパリをはじめ多くの街を旅したり、ヨーロッパの国々を回るたびをされるならこのどちらかの予約サービスはお使いになっても利益は多いと思います。

<高級ホテルに安く泊まる>


世界の高級ホテルにいかに安く泊まるか?

という前に高級ホテルとは?これは難しい質問ですね。料金が高いホテルになりがちなのは当然ですが、なにも高額だからいいホテル、高級とは限りません。エリアや歴史などにより、料金は影響もされます。なので、あくまで高級ホテルという定義は大雑把な感覚でしか語れません。そこはご了承ください。

しかし、やはり高級であるからにはある程度は快適でサービスのいい、心地よいホテルである必要だけはあるでしょう。施設の充実よりもやはり問題は「心の快適さ」です。なので、ある程度料金が安く多少高級から外れている感覚があっても、やはり快適なホテルは高級の仲間入りもOKでしょう。

星マークの数がしばしば、よく高級を表現するときに用いられますが、それはよくわかります。なので、それは無視したいとも思いません。ただ、一般的ないいホテルで利用しやすいものも、ここでは多少考慮に入れて紹介していきます。

高級ホテルを予約する際のオンライン予約割引サイトはその都度ご紹介していきますが、高級ホテルでしばしばオンライン予約で便利と思われますのは、

ホテルクラブ(全世界につよい)
ブッキングコム(特にヨーロッパに強い)
オクトパストラベル(アメリカやリゾートに強い)
アゴダ(アジアやオセアニアに強い)

などです。これらを利用していればとりあえずいいホテルであって、料金も割引価格でしっかりと予約できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。